本文へ移動

サイフォンを用いた池の水のろ過装置

松本市立 安曇中学校 1年 上松 慶麒
        
この作品は、池の水のろ過装置です。安曇中学校は
周りを山に囲まれ自然豊かな学校なのですが、周りの
木々の葉が舞い込んで中庭の池に入ります。中庭の
池にはろ過装置がないために夏の終わりにPTA作業で
掃除しても、すぐにグリーンウオーターになってしまいます。
舞い込んできた木の葉は魚が冬眠するための<深み>に
入っていきます。そして葉は腐敗して、最後は分解して
しまいます。そうすると栄養分が増えるためにグリーンウオーター
となります。ポンプで時々深みの水をくみ上げることによって
水が循環して、その結果水がきれいになると考えました。
しかし、ポンプでくみ上げようとしても、朽ちた葉が絡まって
ポンプの給水力が弱まってしまいます。そこで、ポンプに葉が
付かなく、<深み>の水をくみ上げる装置を作り、実験してみました。
廃材を組み合わせたり、塗装を塗ってないので耐久性はあまりあり
ませんが、一定の成果を収められたので応募しました。
TOPへ戻る